読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぬキラン(ง •̀ω•́)ง✧

マラソン大会で最後方からスタート。何人抜きできるかな??

第14回Lafuma青梅高水山トレイルラン(東京都青梅市)

◆ぬキラン以前の過去記事です◆

 

青梅高水山トレイルランに参加してきました。

去年は震災直後でありながら開催してくれた感謝レース。そのことを思いながら、今回は去年の倍である30キロに挑戦しました。去年のレースの様子はコチラ。

 

smkw.hatenablog.jp

 

この主催者が開催するレースは、ガーミン的にはすごく短くでるんですよね。

去年のこのレース(15キロ)は13.4キロ。

多摩川源流トレイルラン(30キロ)はコースロストしていながら23キロ。

みたけ山トレイルラン(15キロ)は11.2キロ。

なので、30キロといいながら、ガーミン的には22~23キロだろうから、ま、4時間は切れるくらいかなと、なんとも余裕。

 

今回は、ウォーミングアップのエアロビもそこそこに、スタート地点付近に陣取っていたので、前から1/3位のところからスタートを切れました。ま、後ろの方が見えなかったので、もしかしたらもっと前にいたのかも。

 

でも、その甲斐もあってスタート直後の渋滞に巻き込まれず、気持ちよく登り始めることができました。どうせ急な上りになれば歩かざるを得ないんだからと、今回は前半から飛ばします。いつもと違うぜ。

 

関門の榎峠は1時間ちょっとくらいで通過。余裕ジャーン!!そこから急激な上り坂を迎えますが、トレイルは遠慮なく歩くことが出来るのがなんとも心地よい。

 

順調に折り返しの高水山常福院まで行き、お参り。タイム的には1時間40分くらい。後半は下り基調だけに、これはサブ3.5いけちゃうんちゃうん?

 

だがしかし、ここまででした。前半、飛ばしすぎたツケを倍返しのように請求されてしまったのです。

 

ボッタクリか、このやろう。

 

常福院からの下りで左ふくらはぎがプルップル来てしまい、その後のロード部分で完全に攣ってしまいました。上りはもちろん、下りでも走れなくなってしまう始末。フラットなところだけはまだなんとか走れたんですが、ちょっとした勾配でもうアウト。

 

なんどもストレッチをしながら、延々と抜かれ続けるこの辛さ。しかも左足をかばって走っていたせいか、右のハムまでもプルップルと。距離表示がないので、果たしてどこがゴールなのか…とガーミンを見ても、スタート時の想定があっているのか否か…

 

ま、そんなこんなで歩いたり走ったりしてたら、線路が見えてきたので、結構ゴールが近い気がしてきました。応援の人たちのあと少しだよ!っていうのは、全然あてになりませんが、眼下に広がる光景はあてになる。

 

とりあえず、腹がオニのように減ってきたこともあるし、さっさとゴールしてしまおう、と最後にひと踏ん張りしました。

 

【タイム 3時間47分29秒】

 

ま、予定通りのタイムでしたね。下り基調の後半で2時間以上かかっていたのは、なんともMOTTAINAI

 

ガーミン的には、22.5キロ。こっちもまた予定通りということで。

 

 

公式のレポートはコチラ。

第14回Lafuma青梅高水山トレイルラン イベント報告

 

www.sportsentry.ne.jp

 

+ KFCトライアスロンクラブ +

 

runnet.jp